キネシオロジーテープとは

キネシオロジーテープは別名『人工筋肉テープ』とも呼ばれ、人間工学に基づいて開発されたテーピングテープです。
ヒトの筋肉と同等の伸縮性を持つことで、患部に対する負荷を減らし、関節や筋肉の保護や運動機能を助けてくれる働きをします。

キネシオロジーテープとは

テーピングの目的

  1. 応急処置
  2. ケガの再発防止
  3. アスリートのパフォーマンスアップ
  4. リハビリやADLの向上

テーピングは、スポーツや日常生活でケガをした際に応急処置や、ケガの再発防止として使用することがあり、患部を圧迫・固定し、悪化を防ぎ、痛みの緩和や負担を軽減します。また、筋肉や靭帯のサポートをし、リハビリ時の補助として使用します。
応急処置とは、応急処置の中に『RICES処置』というケガをした際にするべき基本的な処置方法があります。

Rest(安静)

痛めた部位に負担がかからないようにテーピングを巻くことで安静位を保持することができ患部の修復を早めます。

Icing(冷却)

テーピングを巻いた上から冷やす事で血流の流れを抑え痛みや腫れを早く抑える効果があります。またテーピングが巻いてあることで凍傷の恐れもなくなります。

Compression(圧迫)

圧迫により出血や腫れを最小限に抑えることができます。腫れを残すと治りが非常に悪くなる為、テーピングによる適度な圧迫が必要です。
※圧迫が強すぎると、血流障害や、神経障害が起きることがあるので、巻く強さを加減しましょう。患部の先が青くなったり、シビレが出てきたら、いったん緩めて青みやシビレが取れてから再び圧迫します。圧迫している間は、つねに圧迫している部位から先の手、足の指の色や感覚をチェックしましょう。

Elevation(挙上)

患部を心臓より高い位置で安静にすることで痛みが緩和でき腫れを防ぐことができます。身近にあるタオルや枕などを利用するといいでしょう。

Support & Stability(支持&固定)

患部をテーピングで固定し松葉杖などを使用することで負担を軽減しケガの修復を早めます。

テーピングの効果

  1. 関節可動域の制限
  2. 安静位保持
  3. 患部の圧迫
  4. 筋肉や腱、靭帯の補助・補強

テーピングには、『』の効果があります。

静の効果について…

テーピングは動くべき方向には動き、動くと痛みが出る方向に制限することができ、患部を安静にすることで組織の修復を早めます。
また、適度の圧迫を加えることにより、炎症症状である腫れを早く引かせる効果があります。

静の効果について

炎症症状とは…

発赤 (redness)

炎症などにより皮膚の一部が充血して赤くなること

熱感 (heat)

炎症のある部位に熱っぽさを感じること

腫脹 (swelling)

炎症などにより身体組織の一部が腫れあがること

疼痛 (pain)

炎症などにより損傷部位がずきずき痛むこと

動の効果について…

筋肉や腱、靭帯に沿って貼ることにより関節や筋肉をサポートします。またケガ後のリハビリで動作の補助やケガの再発予防にも適しています。
筋力低下や筋委縮がみられる場合にも筋を補強し安定を保ち関節の動きをスムーズにしてくれます。
そして長時間競技を行うアスリートに対し最後までしっかりとサポートしパフォーマンス向上も期待できます。

動の効果について

このように、テーピングには使用方法によって正反対の効果をもたらします。
当院では、臨床医学・構造医学に基づいた独自のテーピング法により、一人一人の状態に合った根拠のあるテーピング術を施しています。一人一人、骨格や筋肉のつき方、身体の使い方も違います。同じような症状でも、それぞれ痛みの出現している部位や痛みの出る動きも違います。男性と女性、大人と子供、アスリートと日常生活用でもテーピングテープの貼り方が変わります。

すなわち、定型的なテーピングテープの貼り方は『ない』と、
当院では考えております。
したがって、患者様一人一人の身体の使い方、症状、状態をしっかりと見極め、オーダーメイドのテーピングをさせていただきたいと思います。またプロスポーツの方々にも多数来院されており、細かな身体の使い方やクセを妨げず、シビアなコンディショニングにも対応しフィジカル面での不安を払拭します。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。

テーピングの基本

~貼る際の注意~

➀テーピングが適しているか

ケガの状態・症状によって、テーピングが適しているかを判断する必要があります。
外傷がある場合はテープの粘着剤や粘着スプレーがダメージを与える場合もあるので注意しましょう。

②巻き方が合っているか

目的、ケガの程度、部位、体型などによって、様々なテーピングの巻き方(技法)があります。
使い方を間違えると効き目がないだけでなく、逆効果になる場合もあります。どのテーピングの巻き方が最も効果的かをよく考えましょう。詳しくは当院スタッフにお尋ねください。

③適切なポジションを保てているか

テーピングを巻かれる人と巻く人が正しい姿勢や角度で行うことで、本来の効果が期待できます。
不適切な姿勢では、有効なテーピングはできませんので注意しましょう。また、巻いている際に動くとテーピングテープの張力が変わってしまうので注意しましょう。

④シワなくキレイに貼れているか

巻く部位の形に合わせられずテーピングにシワやたるみができると、十分な効果が得られず、過度に強い引っ張りが加わり、痛みや水ぶくれなどの原因になるので注意しましょう。

⑤その他

  • 血流障害・・・血管の過度な圧迫はないか。
  • 神経障害・・・神経の過度な圧迫はないか。
  • 筋肉/腱の障害・・・過度なテンション、圧迫はないか。
  • 過度な運動制限・・・パフォーマンスは低下しないか。
  • 皮膚のトラブル・・・かぶれや肌荒れ、傷などはないか。(使用中にかゆみや発赤などの症状があらわれた場合は使用を中止してください。)

※テーピングを巻く人は、巻かれる人と常にコミュニケーションをとってテーピングの具合を確認しましょう。また、テーピングは体を動かす時に効果を発揮しますので、体を動かす直前に貼り、体を動かした直後にははがしてください。

剥がす際の注意

テーピングテープをはがす際は体毛の流れに沿ってゆっくりはがしてください。
また、体毛が濃い方はあらかじめ患部の毛を剃った方が剥離時の不快な痛みを防ぐことができます。
スポーツ終了後や就寝中は取り除くようにおすすめしています。ただし、血行の障害や過度の圧迫が感じられる時は、躊躇なく取り外しましょう。

剥がす際の注意

切り方

テープは端から剥がれやすいためテープの角をハサミでカットし丸くすることで剥がれにくくします。

切り方

セルフテーピングのご紹介

(セルフテーピングは選手自身が自分で巻ける為、突発的なケガでも自分で巻くことができます)

  • スターアップ
    足首が内側に捻る動きを制限する為のテープです。
  • Xサポート
    関節の可動域を制限する役割のテーピングです。
  • フィギュアエイト
    足首の関節全体を安定させるためのテーピングです。