物理療法

  • 電気療法…
    炎症を鎮める中周波電流、特殊電気治療のハイボルテージ、筋肉増強を目的としたEMS、痛めた細胞を修復させる微弱電流などがあり、症状に合った電気治療を施します。
  • 温熱療法…
    深部を温めるマイクロ波や、局所を温め、治りを早くする超音波治療があり、奥深くの筋肉や関節を温め、血流循環を促し、痛みの抑制、筋緊張の緩解、拘縮の緩解、関節可動域の拡大、血腫の消退などの効果があります。
  • 脊椎牽引療法…
    脊椎の長軸上に牽引を行う方法で、筋肉や人体などの軟部組織の伸長、椎間孔の開大、椎間板内圧の減少などがあり、当院では頸椎牽引・腰椎牽引があります。

手技療法

様々な刺激を生体に加えることにより活力を高め、生体の持つ自然治癒力を活性化し、早期回復を図ります。主な作用としては、血管の拡張を促し血流循環を改善、疼痛の緩和、硬くなった筋肉や人体などの軟部組織を伸張、関節可動域の拡大、神経症状の鎮静化など。

運動療法

筋力低下や関節可動域制限といった障害の改善を目的としており、症状に応じて筋肉トレーニングを用いたり、ストレッチを用いて運動を積極的に取り入れ、機能回復と機能増進を図ります。
骨折や脱臼、捻挫などのリハビリでは一日でも早くケガの前と変わらない生活を送れるよう二人三脚でリハビリをさせていただきます。

テーピング治療

一般的に骨折や脱臼などの怪我以外の固定は安易に考えられていることが多く、痛みが軽快し自己判断で固定を除去し通院を止めてしまうと、治りが悪くなったり、再負傷しやすくなります。また、必要な時期に適切な固定をすることが早期回復への近道です。当院ではギプス固定はもちろん、テーピング固定、包帯固定、その他の固定についてもお任せください!

テーピングについて

鍼灸治療

鍼灸は筋肉や神経を刺激し、血行を促進し痛みや疲労の原因となる老廃物や二酸化炭素を排出する役割があります。
また、鍼灸治療で身体の一部を刺激すると、中枢神経の中にモルヒネのような痛みを脳に伝える神経経路をブロックするホルモンが放出されることが解っています。
当院では、深層の筋肉まで刺激し身体の痛みや疲労、神経症状など様々な疾患にアプローチすることができます。