症例データベース

症状のある部位をクリックして下さい

頚椎症

頚椎の加齢による椎間板の変性(老化現象)や靭帯が厚く硬くなることなどにより、頚部の痛みなどの症状が発現したものを総称して、頚椎症と呼んでいます。
神経根や脊髄が圧迫され、頚や肩甲骨付近の痛みや、頚肩から腕や手にかけて痛みやしびれを生じることもあります。障害される部位により、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症と呼ばれます。

頚椎のクッションの役目をしている椎間板は、25歳を過ぎたころから、年齢とともに、水分が失われて弾力性がなくなり、ひびが入ったり、徐々に潰れたりするなどの変性(老化現象)が始まるといわれます。

頚椎症性脊髄症では、巧緻動作(針に糸を通すような手先の細やかな動作のこと)が思うようにできなくなる場合があり、歩行がぎこちなくなったり、足が前に出にくく、速く歩けないなどの足の症状が出る場合もあります。時には、排せつの機能が障害されることもあります。症状の多くは、両側に出ます。一方、頚椎症性神経根症では、首の痛みや肩こり、手足のしびれ、脱力などが現れる場合があります。症状の多くは、片側に出ます。
頚椎症の治療は、頚部の牽引療法などの保存療法を実施します。痛みに対しては、温熱療法(温める治療)や電気療法を実施します。

寝違え

寝違えとは、朝起きた時に首や肩の痛みが生じ、特に首を動かそうとした時に運動痛(動かすと痛む)が起こる状態を言います。寝違えという医学的な病名はありませんが、首の周囲や肩甲骨周囲の筋肉や靭帯に急性炎症が起こったときを総称して呼ばれるものと考えて良いと思います。

寝違えの原因は、寝ている時に不自然な状態が続き、首、肩の筋肉が収縮した状態が持続すると通常は痛みを感じることにより、姿勢を変え、痛みから逃れる姿勢をとります。しかし、疲労や睡眠不足やお酒を飲みすぎた時には、姿勢を変える反応がなくなり、不自然な態勢で寝続けてしまうことがあります。このような状態が続くと、特定の筋肉だけに緊張が継続して起こりますので、筋肉の炎症を起こしやすくなります。

けんびき

けんびきとは、何の前触れもなく突然に背中に痛みが走るものを総称して言います。背中が攣るような感覚があったり、寝違えた時のような一定の姿勢を取るときに痛みが強くなったり、その時々によって痛み方は様々です。
また、いきなり激痛が走ってすぐには動けなくなるほどの痛みから、最初は軽くピリっと電気が走った程度の違和感から徐々に強い痛みに変わっていくものもあるでしょう。痛む場所については、腰より少し上の辺りから肩甲骨辺りまでと広範囲に渡ります。

けんびきが起こる原因としては、まず第一に日頃の運動不足が挙げられます。さらには精神的ストレスや緊張している時などで筋肉が固い状態の時に起こります。
また猫背などの悪い姿勢や肩こりなどによって慢性的に背中の筋肉を過緊張させていることも、原因として挙げられます。
こういった背景がある中で、例えば急な運動や重い荷物を持ち上げた時などの動作時に起こりやすくなります。他にもくしゃみや咳で不随意に体を急に動かした時にも起こることも少なくありません。

けんびきのほとんどが背中の筋肉の筋繊維や筋肉を包む筋膜が微細断裂を起こしていることが原因と考えられています。
筋膜には、細かい筋繊維を包む筋膜(筋内膜・筋周膜)と、筋肉を包む深部筋膜(筋外膜)と、皮膚や皮下脂肪の下にある皮下筋膜というものがあります。この筋膜に何かしらの衝撃が加わることで筋膜を損傷するのがけんびきの正体です。

肩関節周囲炎(五十肩)

中高年になると、特に原因がないのに肩に不快感や痛みを覚えることがあります。肩が痛くて腕が上がらなくなったり、手が後ろに回らなくなったりしたら、肩関節周囲炎 (五十肩)が疑われます。
ある日、突然、肩関節に激しい痛み、あるいはしびれが起きることによって発症します。五十肩になると、物を持ち上げようとした時やゴルフのスイングをした瞬間などに、突然激痛に襲われ、それ以降、肩を動かすたびにひどい痛みに悩まされる場合が多く見受けられるようです。
五十肩と呼ばれるのは、40歳以上の人に起こりやすく、特に50代の人に多く見られるからです。利き腕にも関係なく、左右どちらの肩にも起こります。片方が治った後に、もう片方が痛くなることもありますが、両方の肩が同時に痛くなることはまずありません。
五十肩の起こり始めには、夜、寝返りをうつ時にギクッと痛んで目覚めることもあります。痛みの強い時は、炎症が起きている時期で、その後、炎症が治まるにつれて痛みは軽くなります。腱とその周囲が炎症のなごりで癒着を起こし、滑りが悪くなるので、関節の動きが悪くなります。徐々に癒着が軽くなり、動きが正常な状態に戻るまでには、半年から1年もの時間がかかるのが普通とされています。

五十肩の症状は、老化と密接な関係にあり、肩関節の老化に伴う炎症が主原因とされています。肩関節の骨格は肩甲骨、腕の骨がある上腕骨、鎖骨の3つで構成され、その周りを筋肉が支えています。肩はいくつかの関節が組み合わさってさまざまな動きを可能にしていますが、五十肩の原因となる症状は肩甲骨と上腕をつなぎ最も大きな動きが集中する、肩甲上腕関節と肩峰下関節に多く見られます。この肩甲上腕関節は肩や腕の動きの中心となる関節ですが、肩のかみ合わせが浅いので、肩甲骨から上腕の上端部にかけて9つの強靭な筋肉群に支えられており、中でも五十肩の発生に関係が深いのが、つなぎ目を包むにようにして位置している小円筋、棘下筋、棘上筋などの筋肉群です。
これらの筋肉群には、大きな動きに伴う負担が繰り返しかかっていますが、肩関節の老化が進むと、この筋肉がだんだんと硬くなっていきます。こうした老化と酷使の影響は筋肉と骨の結合部分である腱に集中して現われ、腱の組織が疲労して脆くなり、ちょっとした力が加わるだけで、傷ついて炎症を引き起こすのです。これが五十肩の始まりと言われています。
五十肩の発症には、老化に伴う組織の硬化や小円筋などの筋肉群を主とする腱の炎症、さらに肩こりのサイクルに類似したプロセスも加わっているようです。組織の老化が始まると筋肉疲労がなかなか取れず、どんどんと蓄積されていきます。そうなると、肩こりと同じように血行が悪くなって、各部位に充分な酸素と栄養が行き届かなくなり、栄養失調に陥ります。弱った組織は、ちょっとした動きをきっかけとして、激痛などの五十肩特有の症状を起こすのです。

五十肩は自然に治るともいわれますが、初期に適切な治療をしないと、症状を長引かせたり、悪化させることにもなります。五十肩には、いろいろな治療法がありますが、基本は運動療法です。

運動療法

運動療法のダンベル体操は、最も知られている運動の1つ。肩があまり動かず、痛みがある人でもできます。ダンベルの変わりにアイロンを使っても結構です。重さは2㎏を目安にして下さい。肩の状態がよくなってきたら、壁押し運動を加えます。この運動は肩と肘の関節を柔軟にし、血行促進効果もあります。壁を利用して、腕を上げていく運動も効果的。運動を続けていくうちに、だんだん高く上げられるようになり、運動を続ける励みになります。

上腕二頭筋長頭腱の損傷

腕の力こぶを作る上腕二頭筋は長頭と短頭の2つに分かれ、長頭は結節間溝という溝で摩擦を受けやすい構造になっています。このため腱炎や腱鞘炎や断裂を発生させ、40歳以上になると年齢により強度が落ちるため特に発生頻度が高くなります。激突など直接的な外力によるものは稀で、非常に重い物を持ち上げた時など、上腕二頭筋に突然強い伸長力が加わった際に発生します。断裂音とともに激痛を伴い、腫れと内出血が出現します。最大の特徴として上腕二頭筋の筋腹が肘側のほうに移動しコブの様に膨張します。
 
整骨院で治療できる範囲は、筋力が回復しやすい筋腹から遠いところで損傷した場合で、筋腹に近いところの損傷は筋力が回復しずらいため手術の適用になります。損傷の初期は痛みのため腕が曲げれなかったり握力が低下し、夜間の痛みもありますが2〜3週間すると痛みが軽くなるため筋力がある程度回復してる場合が多いです。
 
機能障害を残すことは少ないですが、スポーツ活動や上腕を使用することが多い若年者は手術をおすすめします。

腰〜殿部

梨状筋症候群

梨状筋症候群とは、上記の図の青矢印の梨状筋という筋肉の下を通過している坐骨神経が梨状筋に圧迫され、同部の痛み、太ももの後面やふくらはぎの外側にかけての痛み・しびれの症状を呈する疾患のことを言います。

通常、この梨状筋という筋肉は柔軟性のある筋なのですが、長時間の同じ姿勢や筋力低下、硬い椅子に座って圧迫を受けるなどの原因で負担がかかり硬くなることでこのような症状を起こしてしまいます。

治療は、原因である坐骨神経を圧迫している梨状筋の柔軟性を高める治療を行います。
梨状筋は深部にある筋で殿部は脂肪層、筋肉層が厚いため、なかなか電気が届きにくいです。
そこで当院では、最新治療器を使用し奥深くの深層筋を狙った、効果の高い電気治療を行っております。
また、「長鍼」といって一本一本職人が手作りをしている、通常の鍼よりも長い鍼を梨状筋や坐骨神経に狙って痛みやしびれを緩和させる治療も行っています。
鍼治療でもなかなか改善されなかった方もぜひお試しください。

梨状筋症候群は筋肉が原因で神経症状を呈するため、レントゲン検査をしても異常が見つからず、原因が分からないことがあります。

また、梨状筋に硬結などの硬さがあり、太ももやふくらはぎの外側にしびれや違和感が出ていても、必ずしも「梨状筋症候群とは限りません」
腰椎の椎間板が狭くなっていたり、脊柱管狭窄や腰椎椎間板ヘルニアの症状でも、殿部の筋肉に痛みがあったり、坐骨神経様の症状を呈している場合があるので徒手的に検査する必要があります。
よく耳にする「坐骨神経痛」とは、疾患名ではなく症状名です。
下肢全体の筋肉を支配している神経が坐骨神経で、その神経の走行に沿ってしびれや痛みなどの症状が起きることを「坐骨神経痛」といいます。
必ずしも、レントゲンやMRIを撮らなければならない訳ではなく、当院でも整形外科の先生が行っている検査法で検査しているため安心して疾患を導き出すことができます。
細かく鑑別したい場合に整形外科での精査をすることもあります。

筋肉が原因の疾患なので、比較的症状の緩和は早いですが、逆に筋肉性の疾患なので症状が戻りやすいです。
症状が落ち着くまで、積極的に治療し症状が固定してきたら徐々に治療日数を空けていくというのをオススメします。
日常的に考えられる原因を改善することも早期回復につながります。
殿部の痛みがある方、太ももやふくらはぎのしびれ・痛みがある方、電気治療・鍼灸治療でなかなか改善されない方、お気軽にご相談ください。

足根管症候群

足根管症候群とは、足の内くるぶし付近を通過している神経が何らかの原因で圧迫を受けて、足の裏のしびれを呈する疾患です。

足根管という名称通り、内くるぶしの後ろに足根管というトンネルが存在してあり、そのトンネルは上の図のように、内くるぶしと踵骨というかかとの骨をつないでいる屈筋支帯と呼ばれるバンドによって構成されています。
トンネルの中には、後脛骨神経という神経が通過しており、足の裏の感覚を司っています。また、動脈や静脈、足の指を曲げる腱や足を内側に捻る腱が存在しております。
原因は、足根管の部分にガングリオンなどが出現し、神経を圧迫することや、扁平足の方で歩く度に土踏まずでショックを吸収できず、足部が内側に落ち込み、屈筋支帯が引き伸ばされて足根管が圧迫されることで起きます。
症状としては、足の裏のしびれや、足の裏の筋肉の萎縮、圧迫を受けている場所を叩くとしびれる範囲に響く「Tinel Sign」が出現します。
圧迫を受けやすい場所は内くるぶしの後方が多く、腰からくるしびれや坐骨神経痛などの足のしびれではない場合、しっかりと鑑別しなければ症状がなかなか改善されないため、足根管症候群の可能性もあります。
そのような症状など気になることがあればお気軽にご相談ください。

足関節捻挫

捻挫とは、骨と骨をつなげている筋肉・靭帯が、外力を受けた際に関節の許容範囲を超えた動きが生じておきる損傷のことを言います。
足関節は下記の図の通り、①脛骨、②腓骨、③距骨から構成されている距腿関節と呼ばれています。

足関節は、きわめて緊密にはめ込まれた関節ですが、片足支持での歩行や走行、ジャンプ時の着地など全体重が足関節に加わるため、著しく大きな負荷を受けている関節です。
その足関節の安定性を保っているのが内側と外側にある靭帯で、捻挫の中で最も多い捻挫が外側靭帯の一つである前距腓靭帯です。
外側靭帯の損傷が多い理由として、
内側の靭帯は表層、深層に靭帯が付着しているため強固になっている反面、
筋肉の作用や、解剖学的に外くるぶしの方が内くるぶしよりも長めの構造になっていることから、外側靭帯の捻挫が多いのも理由の一つになります。
症状は、外くるぶしのやや斜め前(前距腓靭帯の場合)に一致する痛み・腫れ・皮下出血班が出現し、足首を内側に捻る動きや、足先を下にする動きで痛いということがあります。

重症例では、痛みや腫れ、皮下出血が出現するだけでなく、関節の不安定性が著名にみられ、骨折を伴っている場合もあります。

当院では捻挫の程度がどのくらいなのかを的確に鑑別するために、徒手的に症状を把握して、超音波画像診断器により詳しく精査することも可能です。

治療は、炎症反応により患部の腫れ・熱感・痛みがある場合は、痛みを感知する末梢神経の伝達をブロックし神経系に作用する「中周波」という電気治療を行います。
また、超音波治療により治癒促進を目的とした治療も行います。
その後、損傷している靭帯の安静を保つために「固定」を行います。
固定の方法としては、足関節捻挫に対してギプス固定や、テーピングによる固定です。
足関節捻挫などの靭帯損傷に対して、いかに安静位を保持して局部の安静を保つかで予後に影響していきます。
軽度な捻挫でも軽視せず、しっかりと固定と治療をすることが重要です。

受傷してから時間が経っている捻挫や何度も捻挫を繰り返していると、難治性になったり、足根洞症候群の原因になります。
※足根洞症候群については他のページでご紹介いたします。

炎症期が過ぎたら、患部の治癒を促進するために「超音波」治療を行います。
超音波治療は患部にしか作用せず、ケガをした箇所には感じますが、その他の場所は温かさしか感じません。
治療をしていく中で、炎症反応が治まり段々腫れや痛みがなくなってきて、日常生活に支障なく過ごせるようになると治った気になります。
しかし、超音波治療器で痛みが出た場合は、まだそのケガは完治していないということになります。
よく一般的に「捻挫をするとクセになる」といいますが、たしかに捻挫をすることで靭帯が緩み捻挫しやすくはなりますが、完全に治るまで治療をしていないということも捻挫しやすくなる要因として考えられます。
したがって、超音波治療器で痛みがなく治療することと、徒手的に検査をして痛みがなければ完治ということになります。

足根洞症候群

上の図で、1の水色の丸で囲んだ部分は、捻挫した際に痛みが出る場所です。
「足根洞症候群」は2の赤丸で囲んだ部分に痛みが出ます。

足根洞」とは、上の図の黒丸で囲まれた部分を指し、洞窟のような構造をしているため、「足根洞」と呼ばれています。
その足根洞の中には、足首の安定を担っている「骨間距踵靭帯」と呼ばれる靭帯と、
足のバランスの感覚を感知する「神経終末」と呼ばれるものが存在しております。
この神経終末とは、細かい神経が集約されており、地面から伝わる微妙な感覚を読み取り、
脳に伝達する役割をしています。
そのため、足場が悪い道でもしっかりと神経が感知し、筋肉に指令を出すことによって、足
関節が安定し足首を正常な位置を保つことができます。
症状としては、広い範囲で痛みや違和感・足関節付近の不安定感・でこぼこ道や傾斜での歩行時に痛みが増強するということがあります。
足根洞症候群の原因としては、複数のことが考えられます。
例えば、繰り返し捻挫をすることにより、足根洞の部分に負担が掛かり、慢性的な炎症が出ます。
また、捻挫をしてから、適切な治療を行わなかったり、固定をせずに足根洞にストレスを掛けることでも症状が出る可能性はあります。

捻挫後の痛みを軽視せず、しっかりと原因を突き止めて治療することで、症状改善することができます。
また捻挫と思っていても、捻挫の靭帯損傷ではなく、足根洞の炎症による痛みの可能性があります。
なかなか治らない捻挫後の痛みや不快感がありましたら、お気軽にご相談ください。